2020年12月21日

円町店でいろいろな金製品を買取させていただきました!

金相場はまだまだ高水準をキープしております。

ご不要な金製品をお持ちでしたら、相場が急落する前にぜひトーカイにお持ちください。

 

みなさまこんにちは

チケット&ブランドリサイクルトーカイ円町店の小島です。

 

 

本日は買取させていただいたいろいろな金・プラチナ製品をご紹介をさせていただきます。

では、さっそく見ていきましょう。

 

 

1.本日の買取商品と買取価格

2.買取金額および査定のポイント

3.刻印の種類

4.高く買取してもらうには

5.買い取りの際に必要なものは?

6.どんなところで査定するの?

 

 

 

 

1.本日の買取商品と買取価格

 

本日の買取商品】

商品名:ブレスレット、リング

品位:K24 K18 K18/Pt900

買取価格:ASK円(日々変動)

 

 

リング3点と、珍しいタイプのブレスレットをお持ちいただきました。

 

↑のようにブレスレットには蝶があしらわれており、妖艶な雰囲気を醸し出していますね←

 

リングは石がついていない純金製のもの、

ど真ん中にハート型のルビーがついているもの、

ルビーやメレダイヤがちりばめられているものなど様々です。

 

 

2.買取金額および査定のポイント

 

貴金属の買い取りに関しましては、当日発表される相場から所定の手数料を引いた金額を当社の買取単価とし、そちらに重量をかけて算出いたします。

 

 

この相場に関しましては、

 

金であればK24(インゴット)、K24(スクラップ)、K22、K21.6、K18・・・など

プラチナであればPt1000(インゴット)、Pt1000(スクラップ)、Pt950・・・など

 

と、それぞれの純度に応じて個別に発表されています。

 

純度自体は各製品の刻印を見ることで分かりますが、

公表されている相場の表記通りに刻印されているものもあれば、そうでないものもあります。

 

また、日本国外で購入されたアクセサリーなどにはそもそも刻印がないものや、

金のような刻印であっても実は金ではないといった刻印も存在します。

 

重量は量りに乗せるだけなので簡単に測定できますが、

こちらも石がついているものがあると、その重量をどうやって引くのかという課題が残ります。

 

査定をして価値は知りたいけど売るかどうか決めていないという方もおられますので、

石を外さずに重量を求める方法もあります。

 

 

3.刻印の種類

 

 

それでは今回買い取りさせていただいた商品の刻印を見ていきましょう。

 

まず1つ目

めちゃくちゃ見えづらいのですが[純金]とあります。

これはその名の通り純度が100%に【近い】金なのですが、同じ純金とよばれるでもインゴットなどで使われる相場とは異なり、スクラップとよばれる(K24Sとも表記される)相場にて取引をされます。

 

同じ純金なのになぜ価格が違うのか。。。ですが、これは買取した後一度精錬を行い、また別の地金として再利用するためその手数料分が引かれているというのが一般的な認識です。

 

次に

上はリングの全体図でPt900の刻印があります。

読んで字のごとくプラチナの純度90%ということです。

 

少し写す方向を変えて拡大したものが下です。

同じリングに上記とは別にK18とありますがこちらは18金の刻印です。

K24が純金(100%)ですので、18/24=3/4、よって、先の1000分率にすると750となります。<750>と刻印されることもあります。

 

このように、金とプラチナを混ぜるのではなく組み合わせることで装飾品としての価値を高めることもあり、こういったものをコンビと呼びます。

 

隣のR 0.28とあるのは0.28ctのルビーが装飾されていることを示すもの、その下の0.24はメレダイヤが0.24ct装飾されていることを示すものです。

1ct=0.2gと定められていますので、0.28+0.24=0.52ctでは約0.1gの重量分を引くということになります。

 

このように、重量を示す刻印があれば、事前に石を外すことなく重量を求めることも可能です。

 

 

4.高く買取してもらうには

 

貴金属の査定の場合、前述の通り基本的に相場と重量で価格が決まるのであまり他の要素が介入することはありません。

 

とはいえ、製品として再販する可能性があるものもありますので、

 

・付属品もできるだけ一緒に持ってくる

 

ことはおススメいたします。

 

 

場合によっては付属品の有無も査定額アップにつながる場合がありまので、

極力そのままお持ちください。

 

付属品が不要な場合、こちらで処分もさせていただきます。

 

また、そのまま再販ができるようなデザインであれば、通常の買取価格+αの不可価値をつけさせていただく場合もございます。

 

 

5.買い取りの際に必要なものは?

 

貴金属、ブランド品、洋酒などのリユース商品の買い取りの際には身分証明書が必要になります。

弊社の社内規定により身分証明書として有効なものは

・運転免許証(運転経歴証明書を含む)

・健康保険証(現住所の記載のあるもの)

・パスポート(※2020年2月3日以前に発給申請された物)

・写真付住民基本台帳カード

・国民年金手帳

・身体障害者手帳

・在留カード

・敬老乗車証

などとなります。

これらは初回だけでなく、毎回必要になります。

注意点としては、【マイナンバーカードおよびその通知カードは身分証明書として有効でない】ということです。

また、【未成年の方からのお買い取りも行っておりません】

以上、2点にご注意ください。

※ただし200万円以上の金やプラチナ地金、金貨などをお売りいただく場合はマイナンバーカードが必要になります。

 

 

6.どんなところで査定するの?

 

円町店は西大路通りと丸太町通りの交差点の北東角に面している路面店となっています。

 

このため一見査定ができる場所がないように見えますが、実は2階に↓のような専用ブースを構えており、

プライバシーにも配慮した作りになっております。

2名様まで座ることができ、ゆっくりおくつろぎいただける空間となっておりますのでご安心ください。

昨今の新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、お客様との間に防護シートも設けております。

 

 

トーカイでは昨今の新型コロナウイルス感染拡大防止のため、

このような取り組みを徹底して行っております。

年末年始を前に感染が急拡大している状態ですが、

万全の対策を行っておりますのでどうぞご安心くださいませ。

 

また、よろしければ当店の他の買取事例もご確認くださいませ。

 

それでは、みなさまのご来店を心よりお待ちしております。

金・プラチナの買取なら京都のトーカイにお任せください。

チケットだけじゃないチケット&ブランドリサイクルトーカイは京都府内に15店舗!
みなさまのお越しをお待ちしております。

トーカイ公式Facebookページでも色々な買取をご案内しています。
ぜひフォローをお願いします!