2021年04月7日

ルイヴィトン「ジッピーウォレット」の新旧についてご紹介!【京都タワー前店】

みなさま、こんにちは!

チケット&ブランドリサイクルトーカイ

京都タワー前店の田中でございます 🙂 

 

本日はブランド財布買取紹介です!

本日ご紹介する商品はこちら。

 

LV(ルイヴィトン)

新型 モノグラム ジッピーウォレット

 

以下、本日のラインアップです。

 

◇目次◇

1、【商品について】

・商品説明

・ジッピーウォレットの新/旧の違い

2、【査定方法について】

①状態の確認

②付属品の有無の確認

③製造年の確認

④モデルの確認

⑤市場相場の確認

⑥査定額の提示

3、【査定ポイントや質問】

・商品はなるべく綺麗に見せましょう!

・状態が悪い物でも大丈夫?

・1度も使っていない物は新品として買取可能?

4、【買取の際に必要な物や注意事項について】

・当社規定の身分証明書一覧

5、【査定する場所について】

 

それでは本日も宜しくお願いします。

 

 

 

1、【商品について】

・商品説明

ブランド:LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)

モデル:ジッピー・ウォレット

ライン:モノグラムライン

型番/品番:M42616

 

「ジッピーウォレット」はLVの長財布の中でもお持ち込みが多く、

かつ需要もある定番人気モデルです。

ラウンドジップの財布が流行してから根強い人気を誇り、現在も販売されています。

ただし発売当初のモデルと現行のモデルでは仕様が異なるため型番も違います。

それを次の項目でご紹介させていただきます!

 

・ジッピーウォレットの新/旧の違い

「ジッピーウォレット」は2016年代を境に、マイナーチェンジされています。

旧型ジッピーウォレット・・・カードポケット×8

新型ジッピーウォレット・・・カードポケット×12

また旧型はカードポケットの下にロゴが刻印されていましたが、

新型は中央の仕切り部分に刻印されるようになりました。

以前買取した商品で旧型のジッピーウォレットもあったので、比較してみましょう♪

旧型です。カードポケットは片面に4つ、反対側に4つの計8つです。

※旧型のモデルはアンプラントのジッピーウォレットを使用しています。

↓また刻印の位置もカードポケットの下にあります。

 

↓次に新型です。カードポケットは片面に6つ、反対側に6つの計12個です。

↓刻印の場所は旧型ではカードポケットの下でしたが、新型は仕切り部分に刻印があります。

↓さらに旧型は内側がブラウン一色だったのに対し、新型では内側のカラーが選べます。

※画像は内側のカラーが「フューシャ」のジッピーウォレットを使用しています。

 

また仕様がマイナーチェンジしたと同時に型番も変更となり、

新型は同じモノグラムのジッピーウォレットであっても

以下のように内側のカラーによって型番は異なります。

 

旧型ジッピーウォレット・・・「M60017」

新型ジッピーウォレット「ブラウン」・・・「M42616」

新型ジッピーウォレット「ローズ・バレリーヌ」・・・「M41894」

新型ジッピーウォレット「フューシャ」・・・「M41895」

新型ジッピーウォレット「コクリコ」・・・「M41896」

 

 

 

2、【査定方法について】

ここではLV製品の査定手順についてご紹介いたします。

 

①状態の確認

まずは状態の確認をさせていただきます。

↓「表側」・・・表面は傷や擦れが一切なく、極めて状態良好です。

↓「内側」・・・内側も使用された形跡が無く、小銭入れも未使用です。

↓「角」・・・傷や擦れが目立ちやすいとされている角も一切傷がありません。

↓「ファスナー金具」・・・細かな傷も見られませんでした。

お持ち込みいただいたお客様も「去年に買って1~2回しか使ってない」との事で、

状態や製造年を確認した上で「Sランク(新品同様)」と判断させていただきました。

※製造年の確認については後述させていただきます。

 

②付属品の有無の確認

次に付属品の確認をします。

弊社基準での「Nランク(新品未使用)」「Sランク(新品同様)」のランクの判別、

またモデルによっては付属品があるかどうかによって査定額も変動します。

↓今回は箱・保存袋といった付属品もセットでお持ち込みいただきました。

もちろん査定額もアップさせていただいております。

 

③製造年の確認

次は製造年刻印の確認です。

バッグだけでなく、財布にも刻印は入っています。

(※2021年10週目以降に製造された商品には、刻印ではなくICチップが内臓されるようになりました。)

↓今回の商品の刻印です。

「MI3280」と印字されているのが分かるかと思います。

左側の「MI」はアトリエ刻印、右側の「3280」が製造年を表し、

MIは「フランス製造」、3280は「2020年製造」という事を示します。

お客様が「昨年買った」という情報と一致します。

このように「箔押し」されている物や「商品に直接刻印」されている物、

バッグ類は「革タグに刻印されている物」も存在します。

 

④モデルの確認

次にモデルの確認です。

ジッピーウォレットは様々なラインやカラーが存在します。

また先述した通り新旧でも仕様が異なるため、型番は複数存在します。

今回のモデルは、

・新型

・ラインはモノグラムライン

・カラーはブラウン

となりますので、型番は「M42616」となります。

 

⑤市場相場の確認

ブランド品は「状態」「付属品の有無」「モデル」などにより価格算出させていただきます。

LV製品は上記要素に加え「製造年」「ライン」「サイズ」なども重要な判断材料となります。

トーカイでは自社の販路を確立しているため、

商材に合わせて高価買取が可能です!

 

⑥査定額の提示

上記を踏まえ、査定額を提示させていただきます。

今回は新品同様品で付属品も揃っていたため、限界価格にて高価買取しております。

価格にご了承していただければ、【身分証明書のご提示】

【買取伝票への必要事項の記入】をしていただき、その場で現金をお渡しさせていただきます。

 

 

 

3、【査定ポイントや質問】

ここでは査定ポイントやよくある質問にお答えしていきます。

 

・商品はなるべく綺麗に見せましょう!

バッグや財布などのブランド品は、ある程度綺麗に見せる事が可能です。

表面の汚れや金具に詰まった埃や指紋などは、できる限り綺麗にしておきましょう。

綺麗にしてからお持ち込みいただく事で査定するバイヤーの印象も変わり、

査定額アップに繋がるケースが多いです。

なのでお持ち込みいただく商品は事前に綺麗にしておく事をオススメします!

 

・状態が悪い物でも大丈夫?

商品によってはベタ付きやすい物やレザーに亀裂が入りやすい物もございます。

どのモデルか、どの程度の傷みかにもよりますが、

LV製品の多くは状態が悪くてもしっかりとお値段が付くケースが多いです。

「捨てずに持ってくればよかった・・・。」

「こんなボロボロでも値段付くんですか!?」

というお声も沢山頂戴しております。

気になる商品があれば、捨ててしまう前にぜひ一度お持ち込み下さい。

 

・1度も使っていない物は新品として買取可能?

弊社基準では製造から一年以内、かつ一度も使用されていないと判断した物のみ

「Nランク(新品)」としてお買取りが可能です。

これはブランド品は使用していなくても経年劣化するという理由からです。

なので査定の際は「使用感」だけでなく「劣化具合」なども見させていただきますので

総じての判断となりますが、気になる商品があればぜひトーカイへお持ち込みください!

 

 

 

4、【買取の際に必要な物や注意事項について】

お買い取りの際、当社規定の身分証明書が必要となります。

 

〇当社規定の身分証明書一覧〇

・運転免許証

・運転経歴証明書

・健康保険証※住所が記載されている物

・パスポート※2020年2月3日以前に発給申請された物

・在留カード

・特別永住者証明書

・住民基本台帳カード

・敬老乗車証

・身体障害者手帳 など

※マイナンバーカードは不可

 

また、未成年の方からのお買い取りはできません。予めご了承下さい。

 

 

 

5、【査定する場所について】

京都タワー前店ではお客様のプライバシーに配慮した査定ブースを完備しております。

※京都タワー前店の店舗概要ページはコチラです。

査定をご希望の際は直接店頭まで商品をお持ち込み下さい。

 

 

 

ブランド品や貴金属のお買い取りはトーカイへお任せ下さい!

クルー一同、皆様のご来店を心よりお待ちしております 😉 

金・プラチナ・ダイヤ・貴金属からルイ ヴィトン・エルメス・シャネルなどのブランド品まで。買取なら京都のトーカイにお任せください。

チケットだけじゃないチケット&ブランドリサイクルトーカイは京都府内に15店舗!
みなさまのお越しをお待ちしております。

トーカイ公式Facebookページでも色々な買取をご案内しています。
ぜひフォローをお願いします!