2021年04月13日

相場高騰中!ロレックスのエクスプローラーⅡを売るなら買取専門店トーカイ四条河原町店へ!

みなさまこんにちは、買取専門店トーカイ四条河原町店より坪井です。

 

4月7日にロレックスの新作発表がありました。

みなさんの予想はいかがでしたでしょうか?

私はミルガウスかな~なんて思っていたりもしたのですが大方の予想通りエクスプローラーでしたね。

 

新型エクスプローラーⅠはケースサイズが39mmから36mmにサイズダウン。

ムーブメントがCal.3132からCal.3230へと変更。

パワーリザーブが48時間から70時間へと向上しています。最近のロレックスはどんどんこの流れになってきていますね。

もう一つニュースになったのがエクスプローラーⅠのコンビモデルの登場でした。

では、エクスプローラーⅡはどうでしょう。特に初代モデルから50周年を記念して大幅なモデルチェンジとなるのではと予想された方は多いと思います。

実際はですね、外観ほとんど変わらず主な目立った変更はムーブメントでした。

外観はほとんど変っていないという別の驚きとなったわけです。

 

で、本来であればこの流れで新型エクスプローラーⅡ Ref.226570を紹介したいところなんですが、残念ながら手元にありません。

せっかくですので今回はこの度生産終了となったひとつ前のモデルRef.216570をご紹介したいと思います。

 

ロレックス(ROLEX)

エクスプローラーⅡ Ref.216570

Ref.216570は2011年に発表されたモデルです。前モデルのRef.16570と比べケースサイズが40mmから42mmへとサイズアップしておりこの2mmが見た目の印象を大きく変えることとなりました。

その他、Ref.216570の大きな特徴はオレンジの24時間針です。これは初代エクスプローラーRef.1655をオマージュされたものと見られております。

Ref.216570から夜光がクロマライト化されルミノバ夜光の倍である8時間ということからもまさに洞窟探検家の為の実用時計であることがわかりますよね。

軒並みロレックスのスポーツモデルのベゼルがセラクロム化していることを考えると今となっては貴重なメタルベゼルといえます。

ムーブメントにはCal.3187を搭載、ロレックスが独自開発したパラクロムヒゲゼンマイ、パラフレックスショックアブソーバーなど耐久性、耐震性に非常に優れたムーブメントになります。

新型エクスプローラーⅡ Ref.226570とRef.216570の外観上の目立った違いを挙げるとすれば黒文字盤に搭載されているオレンジの24時間針です。

Ref.216570の黒文字盤に搭載されているオレンジの24時間針は根元の部分が黒くなっています。これは暗闇の中で24時間針の夜光部分が浮かび上がって見えるファントム効果というものが狙いだそうです。

因みにRef.216570の白文字盤はこのオレンジの24時間針が根元までオレンジです。

ちょっとの違いなんですが、時計愛好家の方達はこういった部分も見逃さないですよね。

 

 

ご不要になったロレックスをお売りください。

新型モデルが発表になると時計を買い替えられる方もいらっしゃると思います。

使わなくなったロレックスの時計などご自宅に眠っていませんか?

買取専門店トーカイ四条河原町店ではご不要になりましたロレックスの時計をお買取りさせていただきます!

お見積りはもちろん無料ですのでお気軽にお越しください。

バイヤー一同みなさまのご来店を心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

ブランド時計の買取なら京都のトーカイにお任せください。

チケットだけじゃないチケット&ブランドリサイクルトーカイは京都府内に15店舗!
みなさまのお越しをお待ちしております。


《お知らせ》
2020年4月より名古屋のブランド時計専門店の老舗「ビッグムーン」が弊社のグループに加わりました。これによりブランド時計の販路が拡大したため、ブランド時計は今まで以上にさらに高価買取が実現いたしました。ぜひ一度ご利用ください。

ビッグムーン
◾︎ブランド時計専門店ビッグムーン
◾︎https://www.e-bigmoon.com/

トーカイ公式Facebookページでも色々な買取をご案内しています。
ぜひフォローをお願いします!