2018年07月27日

K18 750 アクセサリー 買取 京都高島屋近く

皆さま、こんにちは。
チケット&ブランドリサイクルトーカイ四条河原町店より辻村です。

本日、ご紹介する商品は、
「掃除をしていたら出てきた」
「デザインが古いので買い換えたい」
とよくお持ち込みいただくことの多い金製アクセサリーです。

☆*★+☆*★+☆*★+☆*★+☆*★+☆*★+☆*★+
商品名  金製アクセサリー
金 性   K18/750
☆*★+☆*★+☆*★+☆*★+☆*★+☆*★+☆*★+

◆K18/750とは◆

金は、純度100%(純金、K24)のままだと柔らかく、
基本的にリングやネックレスなどのアクセサリーへの加工には不向きですので、
銅など他の金属を混ぜることで硬度と強度が高められています。

硬度や強度的に最もアクセサリーの素材として向いているといわれるのは、
金の含有率が75%、残りの25%は他の金属を混ぜた、
24分率表記でK18、1,000分率表記で750のものです。

そのため金製アクセサリーには、K18(750)のものが多く出回っていますが、
昨今ではブランドジュエリーでもコスト面やデザイン性などの理由から、
K14やK10などさらに金の含有率を低く抑えた商品も多数ございます。

◆刻印の位置◆

金プラ製品であれば、基本的にK18や750、
プラチナであればPt850などといった刻印がどこかに記されています。

例外もありますが、
 ネックレス:チェーンの留め具部分
 指輪:リングの内側
 イヤリング:留め具のつまみ部分
 ピアス:ポスト部分やキャッチの内側 などです。

肉眼で見つけるのは少々困難ですが虫眼鏡やルーペであれば確認できますので、
お手元にあるアクセサリーでぜひ一度ご確認ください。

刻印があれば金やプラチナである可能性が高まります。

◆千切れていても、壊れていても、買い取ります◆

再使用が困難な千切れたネックレスや歪んだ指輪でも、
金製品・プラチナ製品であれば買取可能です。

さらに、
《ダイヤモンドなど色石があしらわれたジュエリー≫
《再販可能と判断されるデザイン性の優れた金プラ製品≫
こちらは地金のお値段だけではなく色石やデザイン性も評価させていただきますので、
さらなる高価買取となることもございます。

ぜひ一度お持ち込みください。

 

クルー一同、皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

 

↓トーカイの公式facebookページはこちら↓

金・プラチナの買取なら京都のトーカイにお任せください。

チケットだけじゃないチケット&ブランドリサイクルトーカイは京都府内に15店舗!
みなさまのお越しをお待ちしております。

トーカイ公式Facebookページでも色々な買取をご案内しています。
ぜひフォローをお願いします!