2020年03月12日

金 ジュエリー 今が売り時! 相場高騰中 山科

皆様、こんにちは

チケット&ブランドリサイクルトーカイ山科駅前店の景山です♪

 

早速ですがお買い取り商品のご紹介です。

 

アイテム:アレキサンドライト ネックレス

素材:K18WG(ホワイトゴールド)

 

☆★☆刻印について☆★☆

金やプラチナ、シルバーなどの製品には貴金属の含有量などを表す

刻印がほとんどの場合刻まれています。

今回お持ちいただいたネックレスを見てみると・・・

留め具部分に【K18WG】という刻印が確認できます。

K・・・金の純度を表す単位「カラット(Karat)」の頭の文字です。

18・・・金の純度を示します。

金の純度は24分率で表されるので、24分の18ということになります。

100分率に換算すると75%、要するに75%は金、残り25%は

他の貴金属が含まれている合金いうことになります。

WG・・・金の色調を示します。こちらはホワイトゴールドの略です。

つまりこちらは、75%が合金「ホワイトゴールド」、残り25%は

パラジウムや銀が含まれているということになります。

 

☆★☆【GP】【GF】とは?☆★☆

刻印の中にたまに【K18GP】【K24GF】といったものを

見たことはありませんか?

実はこちらはメッキであることを意味しています。

GP・・・「Gold Plated」の略で、金メッキのことを表します。

GF・・・「Gold Filled」の略で、金張りのことを表します。

見た目は金ですが、残念ながら金としての価値はほとんどありません。

 

☆★☆もうひとつの刻印☆★☆

さて、今回お持ちいただいたネックレスには上記以外にも

刻印がありました。

K18WGの下に【0.25】という数字が刻印されています。

こちらの数字は使われている宝石の重さ「carat(カラット)」を表します。

今回は数字のみの刻印ですが、複数の石が使われている場合などは

宝石の種類も刻印されていることがあります。

例えば、

ダイヤモンド=D

ルビー=R

サファイア=S

などです。

 

☆★☆色石の買取について☆★☆

無色透明なダイヤモンドに対し、色のついた宝石を一般的に

「色石」と呼びます。

ルビーやサファイア、アクワマリン、そして今回お持ちいただいた

アレキサンドライトなどの色石はジュエリーとしても

人気の高い宝石ですが、買取の際は注意が必要です。

それは、色石には正確な査定基準がないため値段がつけにくい

ということです。

またルビーやサファイアなどの色石は、元々の質が良くなくても

加工によって美しく見せることが可能です。

そこで重要なのが鑑定書(鑑別書)です。

 

☆★☆鑑定書(鑑別書)とは☆★☆

鑑定書(鑑別書)と書きましたが、厳密にこの2つは別物です。

鑑定書とは、ダイヤモンドだけに発行されるもので、

4Cと呼ばれる品質基準が記載された品質証明書です。

一方鑑別書とは、宝石の種類やその石が天然かどうか、加工がされて

いるかどうかなど科学的に検査した結果が記載された証明書です。

 

そのため見極めが難しい色石の査定では、鑑別書が非常に

重要になってきます。

 

高額買取が期待できるものを持ち込まれる際は、ぜひ

鑑別書も忘れずにお持ちください!

 

とは言え、鑑別書がなくてもお買い取り可能ですので、

ご安心してお持ちくださいませ。

 

皆様もご来店を心よりお待ちしております。

 

金・プラチナの買取なら京都のトーカイにお任せください。

チケットだけじゃないチケット&ブランドリサイクルトーカイは京都府内に15店舗!
みなさまのお越しをお待ちしております。

トーカイ公式Facebookページでも色々な買取をご案内しています。
ぜひフォローをお願いします!