2020年04月14日

エルメスのクリッパー、高く売るなら【北大路ビブレ2階】

こんにちは! 買取専門店トーカイ北大路ビブレ店より良川です^^

 

本日のお買い取りした商材のご紹介です。

HERMES(エルメス)

クリッパー

CL3.240

レディース仕様

でございます。

 

★商品説明★

エルメスのアイコンウォッチの代表モデルとして名高い“クリッパー”。

その登場は1981年にまで遡ります。

クリッパーのケースは、大型船の舷窓をモチーフに作られており、

時計の裏蓋には、四輪馬車と従者がデザインされています。

ベルトも特徴的で、ステンレスのベルトのつなぎ目がエルメスの象徴の頭文字

「H」で連なっているなど、細部にわたりエルメスらしさが見受けられる逸品でございます。

 

★新旧の違い★

今回ご紹介するクリッパーはすでに廃盤となっているモデルでありますが、

クリッパーの中においても、新旧のモデルが存在しています。

その違いが一番分かりやすいのは、ブレス(ベルト)の留め具部分かと思います。

今回のクリッパーは、下の画像のように留め具が離れてベルトが伸びる形となります。

これは一番初期に登場したモデルのものとなります。

以降のモデルは留め具を開放しても、ベルトが離れずに一体化となっています。

このように同じ名称や同じケースでも、使われている箇所の違いにより、

新旧モデルかどうかが分かるんですね。

 

★査定のポイント★

本体の稼働状況

時計は日常生活において実用的な存在でありますので、本体の稼働

状況が重要となってきます。

査定時には稼働チェックするのですが、今回のクリッパーのように

クオーツ仕様(電池式)の場合は、稼働しているかどうかは

目視により即時に判断することができますが、単に電池切れかどうかまでは

確認することができません。

よって、故障している可能性を秘めている分、買い取り不可にまでは至らなくても、

査定額が減額となってしまいます。

本体の汚れや傷などの有無

ブランドバッグや財布が状態により、査定額が変わるのと同じく、

時計においても傷や汚れなども査定における大きなポイントであり、

時計のガラス割れやベルトの緩みなども減額対象となってしまいます。

付属品の有無

こちらに関しては、無ければ減額という言い方よりも、あれば査定額アップ

というほうが伝わりやすいかと思います。

前述したように実用性の高いアイテムである為、保管できる箱に説明書、

保証書にコマ等があれば、高価買取に繋がりやすいかと思いますので

売却の際はぜひご一緒にお持ち頂くことをおススメ致します。

 

皆様のご来店、心よりお待ちしております☆彡

 

金・プラチナ・ダイヤ・貴金属からルイ ヴィトン・エルメス・シャネルなどのブランド品まで。買取なら京都のトーカイにお任せください。

チケットだけじゃないチケット&ブランドリサイクルトーカイは京都府内に15店舗!
みなさまのお越しをお待ちしております。

トーカイ公式Facebookページでも色々な買取をご案内しています。
ぜひフォローをお願いします!