2020年09月9日

小判をお買取りしました!金を売るなら今がチャンス![山科駅前店]

皆様、こんにちは

チケット&ブランドリサイクルトーカイ

山科駅前店の景山です♪

 

金を売るなら、金相場が高水準をキープしている

今がチャンスです!!

 

金相場は世界情勢の影響を大きく受けます。

ここ数年高騰を続けている金ですが、今年は実に40年ぶりの

最高値を記録しました。

この水準がずっと続けばいいですが、そんなに甘いものでは

ありません・・・。

過去にもリーマンショックやソ連崩壊など金相場が急落した

例があります。

もちろん長期的に見れば、金の価値が大きく下がる可能性は

極めて低いですが、短期的な値動きによる売却をお考えの方は

ぜひこの機会にご検討くださいませ。

 

ということで、本日のお買取り商品のご紹介です。

 

1.本日のお買取商品

2.天保小判とは

3.天保小判の価値は?

 

☆★☆本日のお買取商品☆★☆

商品名:天保小判金

品位:K14相当

重さ:11.22g

 

☆★☆天保小判とは☆★☆

天保小判とは、天保8年7月21日から鋳造が始まった小判で、

額面は一両です。

安政5年までの21年間製造され、裏面に当時の元号である

天保を表す〈保〉の字が記されていることから

【保字小判】とも呼ばれています。

 

☆★☆天保小判の価値は?☆★☆

天保小判を含め、ほとんどの小判の主な原材料は「金」です。

それゆえ査定の際は、使用されている金の価値と、

古銭としての天保小判金が持つ価値を合わせて査定いたします。

 

天保小判の重量は11.22g、そのうち金が占める割合(品位)は56.77%と

定められていました。

品位の高いものでは80%を超えるものもあったため、

天保小判の品位は比較的低めですね。

また発行枚数も800万枚以上と江戸時代に作られた小判の中では

かなり多く、現在も容易に入手可能なため小判としての価値は

比較的低めです。

 

とは言え、小判は小判です!!

 

K14相場+αのお値段でお買取りさせていただきました!

 

ただし、小判は贋作やレプリカも多いため

お持込の際は鑑定書や証明書を一緒にお持ちいただくことを

おすすめします。

 

 

「家から謎の小判が出てきたけど、これって本物?価値あるの?」

というものも、しっかりと見させていただきますので、

お気軽にトーカイまでお持ちくださいませ!

 

貴金属、小判の売却をお考えの方は、ぜひ一度

トーカイまでお越しくださいませ。

お見積りは無料です!

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

金・プラチナの買取なら京都のトーカイにお任せください。

チケットだけじゃないチケット&ブランドリサイクルトーカイは京都府内に15店舗!
みなさまのお越しをお待ちしております。

トーカイ公式Facebookページでも色々な買取をご案内しています。
ぜひフォローをお願いします!