2020年09月20日

往年の人気モデルが今高い!!ルイヴィトン・ナイル編【六地蔵店】

皆様こんにちはチケット&ブランドリサイクルトーカイ六地蔵店の金子です

 

先日やっと衣類ハンガーの入れ替えをしたのですが、ある問題が・・・・・

大量に入替後のハンガーが余ることに気が付かない私w

 

とりあえず引き取り先が決まったので、ホッと胸をなでおろしている今日この頃です。

 

 

 

ではでは、そんな話はさておき本日のお買い取り紹介に移らせて頂きます。

 

 

 

①買取商品ご紹介

②状態の確認・買取金額の算出

③査定室のご案内

④成約時に必要な物

 

 

 

 

 

 

 

①買取商品ご紹介

 

ブランド:LOUIS VUITTON【ルイヴィトン】

商品名: ナイル【M45244】 

ライン:モノグラム

マテリアル:コーティング・キャンバス

ランク:C【使用感強】

 

今回ルイヴィトンのナイルをお買い取りさせていただきました。

「ナイル」といえば河川をイメージされる方が多いと思います。ルイヴィトンにはナイルの他にも「アマゾン」、「ダヌーブ(ドナウ)」と河川の名前が付いたバッグが存在します。これらは全てルイヴィトンのショルダーバッグの名前です。

ルイヴィトンは他にもフランスの地名・名所を冠したバッグがあります。

ガリエラ:パリの美術館の名前

アルマ:パリのセーヌ川に架かる橋の名前

バティニョール:フランスのバティニョール地方から

などなどフランスの至る所から名前を付けています。

ルイヴィトンに限らず、その他のブランドでも地名等を冠した商品名は意外に多いですが、日本だとあまり馴染みが無い名付け方かもしれませんね。KYOTOとかTOKYOとかの商品名も探せば多数出てきそうですが、なんか変な感じですねw

お国柄なのか・・・ちょっと気になります。

 

さて、今回お買取したナイルはおそらくアウトドアを意識したバッグじゃないかな・・と思います。

さすがにガチのアウトドアに使われる方はいらっしゃらないと思いますが、機能面においてアウトドアを考慮した作りだと思います。最新作にも【アウトドア~】と名前がばっちり入ったナイルそっくりのショルダーバッグも発売されているので、おそらく間違いないでしょう。

今回のナイルは、その後の名前を冠したモデルの元祖みたいなものだったんでしょうか?

あくまで自身の妄想話みたいなものなので、話半分にお聞きくださいw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②状態の確認・金額の算出

 

査定時に必ずチェックするポイントは色々ありますが、今回は大まかに下記を順番に確認してみます。

・ショルダーベルト

・四つ角、表面の状態

・バッグの内側やポケットの中の状態

・金具の汚れや擦れ等の確認

 

まずはショルダーストラップの確認です。

ヌメ革の肩パッド部分に少し破れが見られます。鞄の重量が全てショルダーパッドに掛かるので長く使用されるほど破れやすいです。これが完全に破れて千切れたりすると減額は大きいです。

重量の問題もあるかもしれませんが、革の乾燥も原因として挙げられます。

 

 

 

 

バッグ底辺のパイピング部分に擦れ傷があり、四つ角のヌメ革部分にも傷が付いていました。ヌメ革は表面加工がされておらず、ちょっとしたひっかき傷でも簡単に跡が残ります。

こればっかりは防ぎようがないですが、メンテナンス用のレザークリームを薄く延ばせば結構簡単に消えたりします。日頃のお手入れが問われる所ですね。

 

 

 

 

バッグの内側は底が全体的に黒く変色していました(画像の黒いぶつぶつではありません)

古いルイヴィトンのバッグは、概ねレザーの内張がインナーに施されています。当然荷物を中に入れるわけで、荷物とレザーが接地することにより所謂レザーアタリが出てしまいます。

黒く変色する原因は色々ありますが、今回はアタリからくる変色だと思われます。

 

レザーエイジングといえば聞こえが良いですが、減額対象となってしまいます・・・・・不思議な物でエイジングが求められる物(ブランド)と求められない物があります。

ルイヴィトン・エルメス・シャネル・・・等などのラグジュアリーブランドには、エイジングが求められる傾向は見られません。(商品によりますが・・・)高級嗜好品な訳ですから、自身で育てる・・・て考えが根本的にないと思うんですよね。勿論正解なんて無いですし、エイジングを極めていくバッグも素敵です^^

 

 

 

 

内ポケットの中にベタつき・・・というか完全に剥がれてしまって、原形を留めていない真っ黒の状態です。

所謂こちらは加水分解の状態です。バッグ以外にもスニーカーなどに多く見られる現象として有名です。スニーカーのソールがパックリ割れたりするアレです(;^_^A

今回のベタつきは取り除くのは非常に困難です。通気性のある所で保管したり、シリカゲルなどの乾燥剤を入れて湿気をとるとベタつきが起こりにくいです。

ちなみにルイヴィトンの製品購入時についてくる箱や保存袋は、通気性の観点から考えると長期保管用としてはおすすめできません。袋から出して通気性のあるところで保管される方が安全です。

 

 

 

金具に強い傷みは有りませんでしたが、Dカンを包むヌメ革に傷みが見られます。千切れたり、裂けてたりすると大きな減額になってしまいますが、今回はまだ軽度の部類ですので少しの減額ですんでいます。

 

 

今回のナイルは製造から15年以上経過・使用感も強く出ているということで当社ランクではCランク(使用感強)でのお買取りとなりました。

「15年以上前でCランクだから安いんでしょ」…と思われる方が多いと思いますが、往年の人気モデルの買取価格が急上昇しています!特にショルダーバッグが中古市場で爆上がり中です^^

 

いつまでこの高騰が続くのか正直わかりませんので、売却ご検討の方はお早めにお持ちください!!

 

 

 

 

 

 

 

③査定室のご紹介

六地蔵店では査定室を完備しております

プライバシーの保護は勿論の事、スピーディなお買い取りを心掛けております。

 

また密になりがちな為【飛沫防止シート】【スタッフのマスク着用】【定期的なアルコール消毒】等を徹底しております。

 

少しでもお客様に対してご不安な点を解消してゆきますので、何分お見苦しいところはご容赦ください。

 

④成約時に必要な物

 

リユース商品のお買取り成約時に必ず下記の身分証明書(ご本人様確認)のご提示が必要になります。

当社規定に準ずる下記

・運転免許証

・健康保険証

・パスポート

・写真付住民基本台帳カード

・身体障害者手帳

・在留カード

・敬老乗車証

※何れも有効期限内の証明書。

※ご署名頂く方以外の身分証明書は無効です。

※金額に拘らずご提示が義務付けられています。

※20歳未満(未成年)のお客様からはお買取り・見積もりも行っておりません。

※マイナンバーカードおよび通知カードは対象外となりますのでご注意ください。

(200万円以上の地金等をお売りいただく場合に限りマイナンバーカードも併せて必要となります。)

 

ご不明な点はお問い合わせください。

皆様のご来店・お問い合わせ心よりお待ちしております。

ブランド品の買取なら京都のトーカイにお任せください。

チケットだけじゃないチケット&ブランドリサイクルトーカイは京都府内に15店舗!
みなさまのお越しをお待ちしております。

トーカイ公式Facebookページでも色々な買取をご案内しています。
ぜひフォローをお願いします!