2021年01月16日

ロレックスのデイトジャストをお買取りいたしました【山科駅前店】

皆様、こんにちは

チケット&ブランドリサイクルトーカイ

山科駅前店の景山です♪

 

1.本日のお買取商品

2.アイテムのご紹介

3.査定ポイント

 

☆★☆本日のお買取商品☆★☆

ブランド:ロレックス(ROLEX)

モデル:デイトジャスト レディース

型番:79173

機械:AT(自動巻き)

素材:ステンレススチール×K18イエローゴールド

年式:P番(2000年頃)

 

☆★☆アイテムのご紹介☆★☆

デイトジャストは1945年に登場して以来、不動の

人気を誇るロレックスを代表するモデルです。

素材はステンレススチールやゴールド、プラチナ、

コンビなどがあり、ダイヤルやインデックスも

バリエーション豊富です。

今回お持ちいただいたのは【79173】

レディースのコンビモデルです!

 

☆★☆査定ポイント☆★☆

①リファレンスナンバー(型番)の確認

ロレックスの時計は種類が非常に多く、それぞれに

リファレンスナンバー(型番)があります。

リファレンスナンバーは時計のブレスを外した12時方向に

打刻されており、番号からモデル、ベゼル、ケース素材などを

読み取ることが出来ます。

なお、2010年以降は文字盤の内側に打刻されています。

見た目である程度判断できるものもありますが、

中には使用されているムーブメントの種類が異なるだけで

見た目は瓜二つというものもございます。

今回お持ちいただいた【79173】も実は一つ前の世代の

【69173】と見た目は全く同じです。

そのため、リファレンスナンバーの確認は必須です。

 

②シリアルナンバー(固有番号)の確認

シリアルナンバーは時計のブレスを外した6時方向に

打刻されており、これによりおおよその製造年が分かります。

なお、2010年以降はアルファベットのランダム構成となり、

製造年の推定ができなくなりました。

今回お持ちいただいたのは[P番]ですので、2000年頃に

製造された物と推定できます。

 

③状態の確認

大切に使われていても、やはり日頃から身に着けていると

傷はつきものです。

目立たないほどの小さな傷であれば査定額にはそれほど

響きませんが、一目でわかる大きな傷やサビ、変色、

また全体的に小さな傷が多いといった場合は減額の対象と

なります。

 

今回お持ちいただいた物を見てみると・・・

ベルトや風防部分は問題ありませんでしたが、

フラッシュフィット部分に大きな傷が見られましたので

こちらは残念ながら減額の対象です。

 

またブレスの伸びも重要なポイントです。

デイトジャストによく使用されているジュビリーブレスと

呼ばれる5列ブレスは、中が空洞のため伸びが出やすく、

伸び具合によっては10万以上の減額となってしまうことも・・・。

 

今回のお品物は・・・

このくらいであれば問題ありませんので、

今回は減額とはなりませんでした。

 

④ギャランティ(付属品)の有無

時計の買取では、ギャランティカードの有無で

金額が大きく変わる場合がございます。

メンズモデルと比べるとレディースモデルはそれほど

大きくは影響しませんが、それでも数千円の差は

出てしまいますので、出来るだけ一緒に

お持ちいただくことをおすすめします。

 

ロレックスの売却をお考えの方は、

ぜひトーカイまでお越しくださいませ。

 

お見積りは無料です!

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ブランド時計の買取なら京都のトーカイにお任せください。

チケットだけじゃないチケット&ブランドリサイクルトーカイは京都府内に15店舗!
みなさまのお越しをお待ちしております。


《お知らせ》
2020年4月より名古屋のブランド時計専門店の老舗「ビッグムーン」が弊社のグループに加わりました。これによりブランド時計の販路が拡大したため、ブランド時計は今まで以上にさらに高価買取が実現いたしました。ぜひ一度ご利用ください。

ビッグムーン
◾︎ブランド時計専門店ビッグムーン
◾︎https://www.e-bigmoon.com/

トーカイ公式Facebookページでも色々な買取をご案内しています。
ぜひフォローをお願いします!