2021年06月10日

総カラット数「10カラット」!ダイヤジュエリーを買取しました!【京都タワー前店】

みなさま、こんにちは!

チケット&ブランドリサイクルトーカイ

京都タワー前店の田中でございます 🙂 

 

本日はプラチナ製品の買取紹介です!

本日ご紹介する商品はこちら。

 

Pt900 テニスネックレス(FD:10.00ct)

 

本日は貴金属製品の買取に加え、

「メレダイヤ」についてもご紹介して参ります。

 

以下、本日のラインアップです。

 

◇目次◇

1、【買取商品について】

・商品説明

・メレダイヤについて

・テニスネックレスについて

2、【査定方法について】

・地金の価格算出

・ダイヤの価格算出

・査定額の提示

3、【査定ポイントや質問】

・ダイヤは綺麗に見せる事で買取額アップに繋がりやすい?

・貴金属製品の中でも買取額が高いのは?

・鑑定書や鑑別書がなくても大丈夫?

4、【買取の際に必要な物や注意事項について】

・当社規定の身分証明書一覧

5、【査定する場所について】

 

それでは本日もよろしくお願いいたします。

 

 

 

1、【買取商品について】

 

・商品説明

素材:プラチナ(Platinum)

品位:Pt900(プラチナ900)

装飾品:メレダイヤモンド(10.00ct)

総重量:27.5g

 

なんと、メレダイヤが計10.00ctもあしらわれた贅沢なネックレスです。

↓下の写真で分かるように、先端に向かってダイヤが徐々に大粒になっています。

状態も良好でデザイン性も高かったため製品として高価買取させていただきました。

 

・メレダイヤについて

「メレダイヤ(メレーダイヤ)」とは・・・

「小さなダイヤの集合体」「1粒あたり0.2ctに満たない小粒のダイヤ」の事を指します。

今回のように総カラット数が10.00ctのダイヤであっても複数のダイヤで構成されているため、

一粒あたりは小粒のダイヤだと分かります。

これをメレダイヤと呼び、もちろん一粒で10.00ctのダイヤと比較すると価格は落ちますが

メレダイヤでも質やデザインによっては今回のように高価買取が可能です。

買取店によってはメレダイヤはお値段が付かないとされているお店も多いですが、

トーカイではしっかりとお値段をお付けさせていただきます!

 

・テニスネックレスについて

「テニスブレスレット」「テニスネックレス」

ライン上にぐるりと色石やダイヤがセットされた物を指します。

名称の由来はアメリカのテニスプレイヤーが付けていたブレスレットを

自分で「テニスブレスレット」と呼んだのが始まりです。

お持ち込みいただくテニスブレスレットやテニスネックレスの多くは

そのほとんどがダイヤ製品ですが、

エメラルドやルビーなどの色石製品やブラックダイヤが使用されている物などもございます。

また一般的にテニスネックレスやテニスブレスレットに使用されているダイヤや宝石は、

質の悪いラインストーンが多いとされていますが・・・

製造過程が大変な分、製品としての価値も付きやすい商材となっております。

 

 

 

2、【査定方法について】

ここではダイヤ付き貴金属製品査定手順についてご紹介いたします。

 

・地金の価格算出

まずは地金の価格算出です。

ここでは金やプラチナ、シルバーなどの価格を算出をします。

算出方法はその日の金相場を基に、

弊社の買取算出方法に基づき価格算出させていただきます。

 

今回はPt900のネックレスです。

↓しっかりと品位の刻印がされています。

↓地金部分は25.5gとなります。

(※写真では27.5gとなっていますが、

ダイヤが10.00ct分含まれているため地金は25.5gでの計算となります。)

詳しくは「カラットについて」の説明文で後述しています。

 

・ダイヤの価格算出

次にダイヤの価格算出をします。

ダイヤモンドのグレードは4Cと呼ばれる評価基準が存在し、

それを基に価格算出させていただきます。

 

それでは4Cとは何か?についてご紹介します♪

 

Carat(カラット)・・・重量

「大きさ」と勘違いされる事が多いですが、カラットは「重さ」を指します。

基準では1.00ct=0.20gとされており、

今回の商品は総カラット数が10.00ctだったため

地金の重量は2.0g引いた25.5gでの計算、ダイヤは別途価格算出となります。

↓また、ダイヤのカラット数は三桁or四桁の数字で刻印されている場合が多いです。

今回の商品は「10.00」の刻印がありますので、総カラット数は10.00ctとなります。

 

Cut(カット)・・・研磨

カットは「研磨」の事を指しますが、

研磨により輝き方が異なるため「輝き」を指す場合もございます。

研磨の良し悪しによって光の屈折にバラつきが出るため、

カットも査定をする上で非常に重要な判断基準となります。

 

Color(カラー)・・・色

カラーはダイヤモンドの「色味」を指します。

D~Zのアルファベットで区別され、

Dに近いほど無色で評価の高いダイヤとされています。

逆に茶色系(ブラウン)や黄色系(イエロー)の色味が見られる場合は評価も低くなります。

 

Clarity(クラリティ)・・・透明度

クラリティはダイヤの「透明度」を指す言葉です。

具体的にはインクルージョン(内包物)

ブレミッシュ(傷や欠け)がどの程度あるかを確認します。

もちろんインクルージョンやブレミッシュが少ないほど評価の高いダイヤとされています。

 

以上4つの頭文字「C」を取って、4Cと呼ばれています。

今回のようなメレダイヤ(小粒のダイヤ)も例外ではなく、4Cでの価格算出となります。

 

・査定額の提示

最後に査定額を提示させていただきます。

通常は上記査定手順に沿って、

「Pt900(地金分)の弊社買取金額×25.5g+メレダイヤ(10.00ct)」

の合算分がお見積り金額となりますが・・・

今回の商品は状態も非常に良く再販が可能なデザインでしたので、

更にプラスαさせていただき超高価買取となりました!!

 

提示価格に納得いただければ、無事御成約となります。

【身分証明書のご提示】【買取伝票へ必要事項の記入】をしていただき、

その場で現金をお渡しさせていただきます。

※当社規定の身分証明書一覧はこちら

 

 

 

3、【査定ポイントや質問】

ここでは査定ポイントやよくある質問にお答えして参ります。

 

・ダイヤは綺麗に見せる事で買取額アップに繋がりやすい?

ダイヤ製品もバッグなどのブランド品と同じく、

綺麗にしておくことで査定額が上がりやすいです。

ダイヤの場合は付着した汚れや埃が傷に見える事も多々ございます。

また油分を引き付けやすいという特徴もありますので指紋も拭き取っておきましょう。

 

・貴金属製品の中でも買取額が高いのは?

現在、金製品の相場が高騰しております。

特にインゴットや海外の1オンス金貨は買取強化中でございます。

一方でプラチナ製品に関しても以前より相場は回復してきており、

ダイヤの色味が映えるプラチナやホワイトゴールドは

イエローゴールドに付いているダイヤと比較するとダイヤの買取価格は高くなります。

デザイン性が高く製品化が可能な色石製品・ダイヤ製品は更に高価買取させていただきます。

ぜひお気軽にお持ち込み下さい。

 

・鑑定書や鑑別書がなくても大丈夫?

鑑定書や鑑別書は様々な機関から発行されている証明書のような物です。

参考にさせて頂く程度ですので、無くても大丈夫です。

専門知識に富んだバイヤーが担当しますので、お持ちでなくてもお任せ下さい!

発行機関やダイヤの質によっては査定額の上乗せが可能ですので、

お持ちであればぜひご一緒にお持ち込み下さい。

 

 

 

4、【買取の際に必要な物や注意事項について】

お買い取りの際、当社規定の身分証明書が必要となります。

 

〇当社規定の身分証明書一覧〇

・運転免許証

・運転経歴証明書

・健康保険証※住所が記載されている物

・パスポート※2020年2月3日以前に発給申請された物

・在留カード

・特別永住者証明書

・住民基本台帳カード

・敬老乗車証

・身体障害者手帳 など

※マイナンバーカードは不可

 

また、未成年の方からのお買い取りはできません。予めご了承下さい。

 

 

 

5、【査定する場所について】

京都タワー前店ではお客様のプライバシーに配慮した査定ブースを完備しております。

※京都タワー前店の店舗概要ページはコチラです。

査定をご希望の際は直接店頭まで商品をお持ち込み下さい。

 

 

 

ブランド品や貴金属のお買い取りはトーカイへお任せ下さい!

クルー一同、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

金・プラチナの買取なら京都のトーカイにお任せください。

チケットだけじゃないチケット&ブランドリサイクルトーカイは京都府内に15店舗!
みなさまのお越しをお待ちしております。

トーカイ公式Facebookページでも色々な買取をご案内しています。
ぜひフォローをお願いします!