2021年07月25日

シャネルのヴィンテージバッグを買取しました!【京都タワー前店】

みなさま、こんにちは!

チケット&ブランドリサイクルトーカイ

京都タワー前店の田中でございます 🙂 

 

本日はブランドバッグ買取紹介です!

本日ご紹介する商品はコチラ。

 

シャネル デカマトラッセ チェーンショルダー

 

◇目次◇

1、【商品について】

・商品説明

・「デカマトラッセ」について

2、【査定方法について】

①状態の確認

②シリアルシール(ギャランティシール)の確認

③付属品の確認

④市場相場の確認

⑤査定額の提示

3、【査定ポイントや質問】

・状態はなるべく綺麗に見せましょう!

・相談だけ、見積もりだけでも大丈夫?

・シリアルシールが見当たらない!剥がれていても買取可能?

4、【買取の際に必要な物や注意事項について】

・当社規定の身分証明書一覧

5、【査定する場所について】

 

それでは本日もよろしくお願いいたします。

 

 

 

1、【商品について】

・商品説明

ブランド:CHANEL(シャネル)

商品:デカマトラッセ チェーンショルダー

素材:ラムスキン

カラー:ブラック/G金具(ゴールド金具)

 

シャネルの「デカマトラッセ」をお買取りさせていただきました!

シャネルの定番デザインである「マトラッセ」ですが、

マトラッセのチェーンショルダーにも様々な商品が存在します。

↓今回の商品は一番大きなポケットの開口部がファスナー仕様(ジップタイプ)で、

↓外側表面のポケットはフラップタイプ、留め具はターンロック金具となっています。

背面ポケットもございます。

最もオーソドックスなチェーンショルダーである、

メインのポケットがフラップタイプのマトラッセと比較すると査定額もやや劣りますが、

マトラッセは古くから根強い人気があるため高価買取が可能です。

次項目では「デカマトラッセ」についてご紹介いたします。

 

・「デカマトラッセ」について

デカマトラッセはその名の通り、

デカいマトラッセ=大きなマトラッセを指します。

一般的なマトラッセのサイズは横幅が約23cm~28cmほどなのに対し、

横幅が30cm以上の物を総称してデカマトラッセと呼びます。

今回の商品は横幅35cmなので分類はデカマトラッセとなります。

形や仕様にもよりますが、

一般的には通常のマトラッセよりデカマトラッセの方が高値で取引されています。

ちなみに20cm程度の物は「ミニマトラッセ」と呼びます。

 

 

 

2、【査定方法について】

ここではシャネル製品の査定手順をご紹介いたします。

 

①状態の確認

まずは状態の確認からです。

ブランド品は状態が命です。ここでは商品の状態を隅々までチェックさせていただきます。

「表面」・・・使用感はあるものの目立つ傷は無く綺麗な状態です。

「内側」・・・中身も比較的状態良好です。

「背面」・・・細かな傷は複数見られますが、オールドアイテムの割には状態が綺麗です。

「角」・・・傷が目立ちやすいとされている角も非常に綺麗な状態です。

「金具」・・・メッキが剥がれており、傷も見られます。

総合して目立つ傷は見られませんでしたが、全体的にシワ型崩れが見られました。

上記を踏まえ、状態のランクは弊社基準で「Bランク(使用感あり)」となります。

ですが20年以上前のヴィンテージ商品の割には状態が非常に綺麗でした。

その辺りも考慮して査定額を決定させていただきます。

 

②シリアルシール(ギャランティシール)の確認

次にシリアルシールの確認です。

シリアルシールは製造年に応じて様々なタイプが存在します。

↓今回お持ち込みいただいた商品に付いていたシールです。

※シリアルナンバーは伏せさせていただきます。

このシリアルシールは200万番台後半~500万番台中盤の商品に使用されているシールです。

シリアルは初期(1985年代~)の「0」から始まる7桁で構成される物から、

年代に応じて数字が上がっていき8桁の数字まで存在します。

今回のシリアル番号は400万番台の商品だったため、1997年代の商品という事になります。

※製造年の判別は公式で発表されているものではないため曖昧な特定となり、諸説あります。

※2021年5月頃製造の製品より、Gカード(ギャランティカード)およびシリアルシールの制度が廃止となりました。

 

③付属品の確認

シャネル製品の付属品の中で最も重要視される物は、

Gカード(ギャランティカード)と呼ばれる保証書代わりのカードです。

Gカードも7桁or8桁の数字で構成されており、

各商品その番号が先ほど説明したシリアルシールと一致しているはずです。

先述した通りこのGカードおよびシリアルシールの制度は現在廃止となっているため

廃止後に製造された商品に関してはGカードが付属していなくて当然ですが、

廃止前の商品に関してはお持ちであれば必ずご一緒にお持ち込み下さい。

 

今回の商品はGカードを紛失されたということで商品のみのお持ち込みでしたが、

Gカードが無くてももちろんお買取りは可能です!

 

④市場相場の確認

シャネル製品は

「デザイン」「素材」「状態」「カラー」「付属品の有無」などを元に、

中古市場の相場を確認させていただきます。

トーカイでは独自の販売ルートを複数確立しているため、

商材に合わせて高価買取が可能です!

 

⑤査定額の提示

最後に査定額を提示させていただきます。

提示額に納得していただけたら【身分証明書のご提示】

【買取伝票へ必要事項の記入】をしていただき、その場で現金をお渡しさせていただきます。

※当社規定の身分証明書一覧はこちら

 

 

 

3、【査定ポイントや質問】

ここでは査定ポイントやよくある質問にお答えしていきます。

 

・状態はなるべく綺麗に見せましょう!

バッグや財布などのブランド品は、ある程度綺麗に見せる事が可能です。

表面の汚れや金具に詰まった埃や指紋などは、できる限り綺麗にしておきましょう。

綺麗にしてからお持ち込みいただく事で査定するバイヤーの印象も変わり、

査定額アップに繋がるケースが多いです。

なのでお持ち込みいただく商品は事前に綺麗にしておく事をオススメします!

 

・相談だけ、見積もりだけでも大丈夫?

もちろん大丈夫です!

家に眠っている商品のだいたいの買取相場が知りたい。

買取可能かどうか教えて欲しい。などなど・・・

査定やご相談は完全無料でさせていただいております!

ぜひ一度お問い合わせ下さい!

 

・シリアルシールが見当たらない!剥がれていても買取可能?

シリアルシールは目に付かない部分に貼られている事が多いです。

どうしても見当たらない場合はシールが剥がれてしまった可能性があります。

また、商品によっては元々シールが付いていないモデルも存在します。

モデルや状態・相場によっては買取が可能な物もございますので、

シリアルシールが見当たらない商品でもぜひ一度トーカイへお持ち込み下さい。

 

 

 

4、【買取の際に必要な物や注意事項について】

お買い取りの際、当社規定の身分証明書が必要となります。

 

〇当社規定の身分証明書一覧〇

・運転免許証

・運転経歴証明書

・健康保険証※住所が記載されている物

・パスポート※2020年2月3日以前に発給申請された物

・在留カード

・特別永住者証明書

・住民基本台帳カード

・敬老乗車証

・身体障害者手帳 など

※マイナンバーカードは不可

 

また、未成年の方からのお買い取りはできません。予めご了承下さい。

 

 

 

5、【査定する場所について】

京都タワー前店ではお客様のプライバシーに配慮した査定ブースを完備しております。

※京都タワー前店の店舗概要ページはコチラです。

査定をご希望の際は直接店頭まで商品をお持ち込み下さい。

 

 

 

ブランド品や貴金属のお買い取りはトーカイへお任せ下さい!

クルー一同、皆様のご来店を心よりお待ちしております 😉 

ブランド品の買取なら京都のトーカイにお任せください。

チケットだけじゃないチケット&ブランドリサイクルトーカイは京都府内に15店舗!
販売店も持っていますので高価買取が実現しています!
みなさまのお越しをお待ちしております。

トーカイ公式Facebookページでも色々な買取をご案内しています。
ぜひフォローをお願いします!