2021年12月24日

ケリー32お買い取り致しました!【買取専門店トーカイ 四条河原町店】

皆様、こんにちは!

買取専門店トーカイ四条河原町店の永田です!

四条河原町交差点より西へ100m四条通り沿いの南側に店舗があります!

マクドナルドさんの隣にありますので是非ご来店ください!

 

【商品紹介】

 

ブランド:HERMES(エルメス)

商品名 :ケリー32 外縫い

素材  :ボックスカーフ

カラー :ブラック

サイズ :横約32cm×縦約23cm×マチ約12cm

状態  :Aランク

ブランドをあまり知られていない方でも「エルメス」バーキン・ケリーは聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?

本日、お持ち込みいただいた商品はケリーになりますが、サイズはケリー32になります!

まずはブランドのご紹介をさせていただきます!

エルメスは1837年にフランス パリでティエリー・エルメスが開いた高級馬具工房が始まりです。

高級馬具ということで顧客にはルイ13世やロシア皇帝がいたそうです。

2代目シャルル・エミール・エルメスの時代にはパリ万博で鞍を出品し、金賞を得るなど名実共に有名店になっていますが、時代の流れとともに移動手段が馬車から自動車へと変わる中で高度な馬具制作技術をもちいてバッグの制作を行ないます。

1892年にバッグの制作を始め、その後1927年に時計を発表、その後も服飾やコスメなどの分野に着手され、制作から販売まで行なうブランドに成長していきました。

続いてケリーバッグの誕生は1930年台にデザインされました。

もともと「ケリー」は「サックアクロア」というバッグでした。サックアクロアは乗馬サドルを収納するバッグとして、1936年に発売されました。その後に移動手段が馬車から自動車へ変化したことにあわせ、普段使いに使用出来るバッグとして小型化されたサックアクロアが展開されました。

このサックアクロアを愛用していたのが、モナコ公妃のグレース・ケリーです。1955年当時、妊娠していたグレース・ケリーは、パパラッチを避ける為、とっさにサックアクロアでお腹を隠しました。その写真が雑誌に掲載されると、彼女の持っていたサッククロアに注目が集まり、認知度は飛躍的に高まりました。

1956年にエルメスはモナコ王室の許可を得て、サックアクロアを「ケリー」へと改称しました。

ケリーのサイズ展開は

■15㎝(ミニミニ ケリー)横約15㎝×縦約11㎝×マチ約5㎝

20㎝(ミニケリー)横約20㎝×縦約14㎝×マチ約10㎝

■25㎝ 横約25㎝×縦約19㎝×マチ約9.5㎝

■28㎝ 横約28㎝×縦約20㎝×マチ約12㎝

 

32㎝ 横約32㎝×縦約23㎝×マチ約12㎝

 

■35㎝ 横約35㎝×縦約24㎝×マチ約13㎝

■40㎝ 横約40㎝×縦約28㎝×マチ約16㎝

■50㎝(ケリーヴォヤージュ)横約50㎝×縦約34㎝×マチ約25㎝

一般的に「ケリー」と呼ばれるサイズは25㎝~40㎝までのサイズでそれ以外は「ミニケリー」などの名称が付いています。

2016年にはミニケリー2(ケリーミニ2)が登場しました。

サイズは横約19㎝×縦約12㎝×マチ約5.5㎝と「ミニケリー」より小さく可愛らしいサイズとなっています。

ケリーには外縫い、内縫いがあり紹介させて頂いているケリーは外縫いになります。

裁縫の仕方が違い、同じバッグでも見た目の印象が大きく変わってきます。

内縫い➡柔らかなフォルムになる為、カジュアルなシーンでご利用がオススメです。

外縫い➡堅いフォルムになる為、フォーマルなシーンでご利用がオススメです。

お持ち込みのお客様は内縫いが欲しかったそうですが、外縫いしかなく購入はしてみたけどやはり気に入らないとの理由で何十年とタンスに眠ることになったそうです。

【査定のポイント】

まずは商品の刻印を確認致します。

しっかりと型押しをされており問題はありません。

こちらの金具部分の刻印もしっかりと押されており問題ありません。

四角の中にマークがあるホールマークもしっかり刻印されています。

次に商品の製造年数を確認致します。

写真の赤丸内に▢にBと押し印がされています。

これによりエルメスの製造年数がわかります。今回お持ち込みのバッグは1998年の製造だとわかります。

残りの押し印は職人ナンバーやアトリエ名を表すアルファベットや数字で、いつ、どの職人が作製したのか分かるようになっているそうです。

次にバッグ自体の状態を確認します。

型崩れ、金具のキズ、角スレ、付属品など細かく確認させていただきます。

購入されてからほぼ未使用品で、タンスにずっとしまわれていたので状態は非常に良かったです。

写真のように持ち手部分と金具部分は劣化がでやすい場所ですが、汚れも劣化もほぼなく綺麗です。

内部は引っ掻きキズもなくとても綺麗な状態となりました。

角のスレなどもなく綺麗です。

底部分には鋲(びょう)があるのですが、こちらも大きなキズは無く綺麗です。

内部のファスナーですが、こちらは経年の劣化がみられ少し変色していました。

クロアの金具部分は綺麗でキズはほぼなく、購入時の透明のビニールシールも残っていました。

次に付属品の有無を確認します。

付属のカギ、クローシュ、ショルダーもしっかり保管されており、お持ち込みいただいています。

こちらのショルダーストラップにもしっかりブランドロゴは刻印されており、金具部分もしっかり刻印されています。

付属の保存袋もお持ち込みいただけています。

すべてを統合して査定金額を決定させていただきます。

付属品をお持ち込みはプラス査定になります。

付属品がある場合は必ずお持ち込みください!

今回はお客様も大満足の買い取り価格となりました。

・重たくて使わない

・母親に貰ったけど今のファッションに合わない

・他のバッグが欲しくなった

など不要なブランド商品をお持ちでしたら是非、トーカイへお持ち込みください!

 

【買取に必要なものは?】

当社ではお買取り成立後に身分証のご提示をいただいております。

トーカイでご利用いただける身分証は以下の通りです。

運転免許証

各種健康保険証(住所の記載があるもの)

パスポート

住民基本台帳カード

国民年金手帳

身体障害者手帳

在留カード

敬老乗車証

マイナンバー

※20歳未満のお客様からはお買取りを行っておりません。

また、200万円以上の金・プラチナお買い取りの際はマイナンバーが必要となります。

 

【どんなところで買取しているの?】

落ち着いた店内でプライバシーに配慮した査定ブースで対応させていただきます!

コロナ対策で飛沫感染防止パネル、消毒液の設置、定期的なアルコール消毒など実施を行っております。

使われないブランド品や貴金属などございましたら、ぜひ一度お近くのトーカイへお持ちください!

査定は無料ですので、売れるかどうか分からない商品のお持ち込みも大歓迎です!

お気軽にご来店、お尋ねください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ブランド品の買取なら京都のトーカイにお任せください。

チケットだけじゃないチケット&ブランドリサイクルトーカイは京都府内に15店舗!
販売店も持っていますので高価買取が実現しています!
みなさまのお越しをお待ちしております。

トーカイ公式Facebookページでも色々な買取をご案内しています。
ぜひフォローをお願いします!