2022年08月14日

ハミルトンのボルトン  H134110をお買取りさせていただきました【京都駅前店】

みなさまこんにちは。

チケット&ブランドリサイクルトーカイ京都駅前店の坪井です。

 

最近、物価高の影響を身近に感じるようになってきました。

スーパーに行くとそれは一目瞭然のような気がします。

食材だけでなく、私の好きなウィスキーもボトルで軒並み10%以上は以前よりも価格が上がっているのではないかと…。

あくまで肌感覚ですが。

この物価上昇は秋口以降さらに進むと言われています。

 

 

 

それではご紹介させていただきますお買取り商品がコチラ ↓ ↓ ↓

ブランド:ハミルトン

商品名:ボルトン

型番:H134110

材質:ステンレススティール/革

文字盤:シルバー

ムーブメント:クォーツ

ケースサイズ:直径約26mm(リューズ含まず)

付属品:ギャランティーカード、冊子

 

【商品について】

こちらのハミルトンのボルトンというモデルはアール・デコとアメリカンクラシックスタイルが融合したトノー型デザインが特徴的なモデルです。視認性の良いアラビアインデックスと6時位置のスモールセコンドもオシャレですね。

ハミルトンのボルトンは誕生が1940年と歴史のあるモデルです。トノー型ケースが魅力のアール・デコのデザインが流行したのは20世紀初めごろです。

せっかくなのでこの機会にアール・デコのデザインについて詳しくご紹介したいと思います。

1925年にパリで開催された装飾美術と工業の博覧会により披露されたスタイルがアール・デコと呼ばれています。装飾美術=Art Decoratif幾何学図形、直線、鮮やかな原色の組み合わせが特徴です。

このデザインの由来は、ツタンカーメン王墓の発掘がきっかけとなったエジプトのブーム、マヤ、インカなどの中南米古代文化、アフリカの黒人彫刻、浮世絵などのジャポニズムなどです。

このような装飾的スタイルは婦人用時計のデザインにいち早く取り入れられました。

流行り廃りを経ながらも1990年代後半より起きたアンティークブームにより登場した異形タイプのデザイン。それらのほとんどは1920~1930年にはすでに発表されていたというのですから驚きです。

先にも記しましたがハミルトンのボルトン誕生は1940年。しっかりとアール・デコの歴史がボルトンというモデルの誕生にも関係していることが伺えますね。

そして、現在ボルトンはクラシカルなデザインを継承しながらもハミルトンらしさを融合、どこかモダンな雰囲気さえ感じるモデルとしてファンから支持されています。

 

外観についての個人的お気に入りポイントは6時位置のスモールセコンド。秒針ですね。

線路を思わせるような外周のミニッツサークルとレコードの盤を彷彿とさせる仕上げが目を引きます。この仕上げはコンセントリック仕上げといわれ他の多くのブランド、モデルの時計で見ることができます。オシャレな遊び心と言いましょうか。このあたりとても好きです。

 

【査定の流れ】

(think)①外装の確認

お持ちいただきましたハミルトンのボルトン  H134110は新品購入後3年間通常使用されていたとのことで使用感はありましたがとても大事に普段から使用されていた印象を受ける状態レベルでした。

 

風防に傷は無く、ケースにも目立つ打ち傷はありません。

 

革ベルトには使用に伴う劣化が見られました。革ベルトの寿命は使用頻度にもよりますが通常使用でおよそ3年と言われています。

まだ使用できるレベルではありますが交換時期とも言えます。

 

※革ベルトを長持ちさせるコツは使用後に柔らかい乾いた布で拭くことです。革ベルトの劣化の原因は汗、皮脂の付着によるものでこれらをこまめに拭き取るなどのケアで寿命は変わってきます。使用後は湿気の多い場所での保管を避けるなどの注意が必要です。

 

(think)②オーバーホール歴の有無

ギャランティカード記載の購入年月日を見ますと新品での購入から約3年が経過しています。期間だけを見ればまだオーバーホールの必要はありません。各ブランド、モデルによっても異なりますが一般的に機械式時計のオーバーホールは3~5年に1回、アナログクオーツ時計は5年に1回がオーバーホール時期の目安となっています。

補足になりますが、クォーツ式時計はオーバーホールの必要が無いと思われている方が意外と多いような気がします。

人が定期的に健康診断を受診するようにクォーツ式時計にも定期的なメンテナンスが必要です。査定時にオーバーホールの履歴をお客様にお伺いさせていただくことは時計本体の状態を知る上でとても重要です。

メーカーによるオーバーホール履歴がわかる修理明細などがございましたらぜひ一緒にお持ちください。

 

(think)③付属品の有無

今回お持ちいただきましたハミルトンのボルトン  H134110はギャランティカードと冊子が付属されていました。

 

腕時計の付属品はブランド、モデルによってさまざまです。箱、保証書、あまりゴマ、取扱説明書、クロノメータータグ、COSC証明書、限定証明書などなど…。

数ある付属品の中で一番重要になるのが保証書です。保証書に記載してあります情報にはさまざまあり、ブランドによって記載内容は異なりますが購入者、購入年月日、購入店舗、シリアルナンバーなどが記してあります。その個体自体を表す血統書的役割を担う保証書の存在は大きいものとなります。ブランドによっては保証書の有無でお買取り金額が数万~数十万変わる場合もございます。

お持ち込みの前に付属品のチェックをぜひお願いします。

 

【今回の査定結果】

お持ちいただきましたハミルトンのボルトン  H134110は電池切れの為動作確認できずでしたが、ギャランティカードと冊子が付属している状態を考慮させていただき5,000円でお買取りさせていただいております。

 

 

【査定に必要なものは?】

お買取り価格にご納得いただきましたら、弊社指定の身分証明書をご提示いただきます。

弊社指定の身分証明書は以下の通りとなります。

・運転免許証

・運転経歴証明書

・各種健康保険証(現住所の記載があるもの)

・パスポート(2020年2月4日以前に申請のもの)

・写真付き住民基本台帳カード

・身体障がい者手帳

・在留カード(消費税法により資産用地金ご売却の際は不可)

・特別永住者証明書

・敬老乗車証

上記いずれかの身分証明書をご提示ください。弊社指定の買取伝票に、お名前、ご住所、生年月日、お電話番号、ご職業をご記入いただきお買取り成立となります。

 

お客様の大切なお品物はお買取り専用のブースでしっかりと拝見させていただきます。

 

「使わないまま、しまったままのブランド時計」、

「お買い換えで不要になったブランド時計」などがございましたらぜひ一度お近くのトーカイにご相談ください。

査定はもちろん無料です♪お気軽にお越しください。

バイヤー一同みなさまのご来店をお待ちしております。

ブランド時計の買取なら京都のトーカイにお任せください。

チケットだけじゃないチケット&ブランドリサイクルトーカイは京都府内に13店舗!
みなさまのお越しをお待ちしております。


《ご案内》
高級時計専門店「ビッグムーン京都」が弊社のグループ店舗にありますので、ブランド時計はさらに高価買取が実現しています。ぜひ一度ご利用ください。

ビッグムーン京都
◾︎ブランド時計専門店ビッグムーン京都
◾︎https://bigmoon-kyoto.com/

トーカイ公式Facebookページでも色々な買取をご案内しています。
ぜひフォローをお願いします!