2016年05月31日

カルティエ リング 高価買い取り 阪急西院近く

みなさん、こんにちは!

 

チケット&ブランドリサイクルトーカイ西院店の小島(こじま)です♪

 

早速ですが本日ご紹介する商品はこちらです!!!

 

 

 

 

カルティエ(Cartier)

トリニティリング

 

 

 

3つの色、3つのリングから成るこちらのトリニティリング。

 

トリニティとは3つの、という意味を持っています。

 

神秘と調和に満ちて絡み合うピンクゴールド、

 

イエローゴールドにホワイトゴールドからできています。

 

カルティエ(Cartier)のトリニティリングは有名ですがこちらの3つのリングすべてに

 

意味があるのは皆様ご存知でしょうか?

 

こちらも諸説ありますが私がときめいたものをご紹介させて頂きます!

 

1924年、20世紀に入って

 

まだ4半世紀も経っていない時代までお話は遡ります。


カルティエ(Cartier)を愛する人に、

 

フランスの詩人ジャン・コクトーという人がいたそうです。


彼はカルティエ(Cartier)に対して、

 

巧妙なる魔法使い、カルティエ(Cartier)は、

 

太陽の光をつむいだ糸の上に月をかけらにして載せる

 

という詩を贈るほど、カルティエ(Cartier)に魅了された人物の1人だったそうです。


ジャン・コクトーが大切な友人のためにオーダーしたのが、

 

カルティエ(Cartier)のトリニティリングだったのです。


ジャン・コクトーはカルティエ(Cartier)に、

 

未だかつて世界に存在したことがないようなリングを作って欲しい

 

と依頼。


カルティエ(Cartier)の当時のオーナー、

 

カルティエ(Cartier)の創業者の直系にして

 

ジュエリー・デザイナー、宝石細工師でもあった

 

ルイ・カルティエは、詩人の希望に応えるべく試行錯誤を重ね、

 

トリニティの作成に至ったのです。

 

トリニティにした理由とは


ホワイトゴールドには「友情

 

イエローゴールドには「忠誠

 

ピンクゴールドには「愛情

 

の意味を込め、3色のゴールドが一体となったのが

 

カルティエ(Cartier)のトリニティリングなのです!

 

完璧な愛」への想いを託した、

 

詩人の心そのものを表現した1品となっているのです!

 

こんな素敵な商品を作り上げたカルティエ(Cartier)の商品、

 

高価買い取りさせて頂きました!!!!!!

 

こちらはブランド商品ですので貴金属価格でなく

 

ブランド品として見せて頂きますので金相場を超えることもございます!

 

使われていないブランド品がございましたら

 

ぜひ一度トーカイにお持込くださいませ!

 

お客様のご来店をクルー一同お待ちしております。

 

 

 

↓トーカイの公式Facebookページはこちら↓

fb_banner

金・プラチナ・ダイヤ・貴金属からルイ ヴィトン・エルメス・シャネルなどのブランド品まで。買取なら京都のトーカイにお任せください。

チケットだけじゃないチケット&ブランドリサイクルトーカイは京都府内に15店舗!
みなさまのお越しをお待ちしております。

トーカイ公式Facebookページでも色々な買取をご案内しています。
ぜひフォローをお願いします!