2020年01月29日

金かな?と思ったらまずはお持ちください! ビブレ2階

皆さま、こんにちは。
買取専門店トーカイ北大路ビブレ店より辻村です。

現在、金相場が2019年後半から高値を維持しており、トーカイへのお持ち込みも増しております!

現在の金相場は、世界の、特にアメリカの金利動向の影響を受けており、金利が下がれば金価格は上昇、金利が上がれば金価格が下落する傾向にあるといわれています。

2020年秋の大統領選までは維持するだろう、という予測をよく耳にしますが、いつ何が起こるかは誰にも分かりません。

ご売却をお考えの方は、ぜひ金相場高騰中に一度お持ちください!

☆*★+☆*★+☆*★+☆*★+☆*★+☆*★+☆*★+
品名 貴金属ネックレス・リング・イヤリング
品位 K18/18金/750
☆*★+☆*★+☆*★+☆*★+☆*★+☆*★+☆*★+

▼どこで判別するの?

金品位を表す刻印は、ネックレスは留め具付近、リングは内側、ピアスは棒やキャップ、また金杯の場合は裏側に刻まれていることが多いです。

“K18 3M”や“24K GP”などの刻印は金張り(=メッキ品)であることを意味します。

刻印を確認する他にも、磁石反応や比重値計測などの確認方法があり、磁石での判別は誰にでもできる簡単な方法です。

磁石に引っ付く場合はメッキ加工の施された製品、引っ付かない場合は金製品である場合が多いです。

メッキ品は金製品とぱっと見た感じではほぼ同じですので、お客様と1点1点お品物を確認していく際に「あ~これメッキやったんや」と驚かれるケースもしばしばです。

逆にメッキだと思われていたネックレスが実は金製品で、重量計算から万単位での買取価格となったケースもございます!

▼壊れてても買取できるの?

トーカイでの貴金属アクセサリー買取は、状態問わずお買取りしております!

千切れているネックレスチェーンも、片方しかないイヤリングも、デザインが古いリングも、1点からお気軽にお持ちください。

また状態が良く、アクセサリーとして再販が可能であると専門バイヤーが判断出来る、デザイン性の高いお品物の場合は、貴金属での買取価格に“+α”の付加価値をお付けできる場合もございます。

もちろんダイヤモンドなど宝石が付いている場合は、しっかりその石の価値も買取価格に反映いたします。

 

ガラクタだと思っていた中に思わぬお宝が、そして思わぬ金額になるかもしれません。

お使いにならないアクセサリー類がございましたら捨ててしまう前に、金相場が高いうちに一度トーカイにお持ちください。

 

クルー一同、皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

金・プラチナの買取なら京都のトーカイにお任せください。

チケットだけじゃないチケット&ブランドリサイクルトーカイは京都府内に15店舗!
みなさまのお越しをお待ちしております。

トーカイ公式Facebookページでも色々な買取をご案内しています。
ぜひフォローをお願いします!