2021年06月7日

円町店で18金の古い時計を買取させていただきました!

昨年史上最高値を更新して以降、一時期相場が下がっていた金相場ですが、ここ最近はまた連日上昇傾向にあります。

テレビなどでの報道機会も増えており、それに伴うお問い合わせも多数いただいております。

 

今年に入ってからはプラチナ相場も高騰していますがその流れは現在も続いております。

今はまさに売り時といえるかもしれませんね。

 

というわけでみなさまこんにちは

チケット&ブランドリサイクルトーカイ円町店の小島です。

 

今回は時計の買取についてご紹介いたします。

では、さっそく見ていきましょう。

 

 

1.本日の買取商品と買取価格

2.買取金額および査定のポイント

3.高く買取してもらうには

4.買い取りの際に必要なものは?

5.どんなところで査定するの?

 

 

 

1.本日の買取商品と買取価格

 

本日の買取商品】

商品名:LADO 手巻 時計 / MOERIS 手巻 時計

稼動状況:稼動

品位:K18

付属品:なし

買取価格:ASK円(日々変動)

 

 

先述の通り時計を買取させていただきました。

時計といっても、画像の通りいわゆるアンティークモデルとよばれるもので、機能的には最近のそれとは全く異なるものとなります。

 

古いモデルではありますが、手巻き式でしたのでリューズを巻いてやることで稼動の確認はできました。

ちなみにこちらの時計ですが、裏蓋をみますと

 

 

と、このように【K18】もしくは【18K】および【0.750】の刻印がありました。

 

この刻印があることから、裏蓋は18金で作られていることが分かります。

金は24分率もしくは1000分率で表されるため18/24=750/1000(75%)を金が占めるということを意味しています。

 

当時の販売価格はもう分からないですが、当時と比べると金相場に関してはかなり高くなっていると思われますので、まさに売り時と言える時にお持ちいただいた形になります。

 

 

2.買取金額および査定のポイント

 

金を使われた時計の買取の場合の価格の算出方法は

 

・地金として算出する

・時計として算出する

 

という2種類の方法に大別されます。

 

それぞれを比較し、よりお高くなる方法で算出した結果をお伝えする形となりますが、このようなアンティークモデルに関しては時計としての価値より金としての価値の方が高くなるのが一般的であり、今回の商品も2点ともそのパターンでした。

 

なお、裏蓋に刻印がある通り、【金】として値段が付けられるのは裏蓋(およびケース)となり、当然と言えば当然ですが内部の機械はその範囲外となります。

 

事前に裏蓋を外すことにご了承をいただければ査定前に外して機械部分を取り除くことで正確な重量と価格をお伝えすることが可能です。

今回のケースは事前に外せませんでしたので、概算で機械部分の重量を引いた価格をお伝えしました。

 

概算とは言っても、ある程度は重量は決まっていますし、以前の買取分からその部分をよけていたりしますので、それとの比較などから近しい数値で計算は可能です。

 

今回の商品は成約後に外してみました。

意外と簡単に外せるんです。

 

外した後の金の部分がコチラ

こうやって見るとシンプルですよね。

 

 

3.高く買取してもらうには

 

貴金属の査定の場合、前述の通り基本的に相場と重量で価格が決まるのであまり他の要素が介入することはありません。

ただ、今回のように時計の場合だと稀に製品としての価値の方が高くなることもあるため、事前に裏蓋を外してお持ちいただくのはおやめいただいた方がいいかもしれません。

 

こちらで現物を確認させていただき、どちらの方が高くなるかを求めてからの方が確実です。

このように、製品として再販する可能性があるものもありますので、時計の場合でも

 

・付属品があればできるだけ一緒に持ってくる

 

ことはおススメいたします。

 

場合によっては付属品の有無も査定額アップにつながる場合がありまので、

極力そのままお持ちください。

 

付属品が不要な場合、こちらで処分もさせていただきます。

 

 

 

4.買い取りの際に必要なものは?

 

貴金属、ブランド品、洋酒などのリユース商品の買い取りの際には身分証明書が必要になります。

弊社の社内規定により身分証明書として有効なものは

 

・運転免許証(運転経歴証明書を含む)

・健康保険証(現住所をはっきり記載しているもの)

・パスポート(2020年2月4日以降に申請されたものは対象外)

・写真付住民基本台帳カード

・国民年金手帳

・身体障害者手帳

・在留カード

・敬老乗車証

 

などとなります。

これらは初回だけでなく、毎回必要になります

 

注意点としては、

【マイナンバーカードおよびその通知カードは身分証明書として有効でない】ということです。

未成年の方からのお買い取りも行っておりません】

 

【住所の記載がない健康保険証、2020年2月4日以降に発行申請されたパスポートは弊社基準では身分証明書として無効】になっております。

 

以上、3点にご注意ください。

※ただし200万円以上の金やプラチナ地金、金貨などをお売りいただく場合はマイナンバーカードが必要になります。

 

5.どんなところで査定するの?

 

円町店は西大路通りと丸太町通りの交差点の北東角に面している路面店となっています。

 

このため一見査定ができる場所がないように見えますが、実は2階に↓のような専用ブースを構えており、

プライバシーにも配慮した作りになっております。

2名様まで座ることができ、ゆっくりおくつろぎいただける空間となっておりますのでご安心ください。

 

トーカイでは昨今の新型コロナウイルス感染拡大防止のため、

このような取り組みを徹底して行っております。

昨今の新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、お客様との間に感染予防のアクリル板も設けております。

 

京都府は現在3度目の緊急事態宣言発出下にあり、6/1以降の再延長が発表されました。

これを受けまして2021年5月1日より続いている営業時間の10時~19時への短縮も同様に延長させていただきます。

ご迷惑をおかけして申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。

※日曜日は定休日です

 

不要不急の外出は控えるべきですが、必要な外出の際のついでにでもご来店いただければ幸いです。

 

また、よろしければ当店の他の買取事例もご確認くださいませ。

 

それでは、みなさまのご来店を心よりお待ちしております。

金・プラチナの買取なら京都のトーカイにお任せください。

チケットだけじゃないチケット&ブランドリサイクルトーカイは京都府内に15店舗!
みなさまのお越しをお待ちしております。

トーカイ公式Facebookページでも色々な買取をご案内しています。
ぜひフォローをお願いします!